Contents

派遣として働くメリット・デメリット

派遣社員として働く

 

派遣社員で働くメリット・デメリットは何でしょうか?見比べてみましょう。

派遣社員として働くメリット

派遣で働くメリット

1.自分の生活スタイルに合わせた働き方を選べる
「月曜日から金曜日の9時から17時の間で働きたい」
「土日祝日は休みたい」
「習い事があるので残業はないお仕事がよい」
「子供の保育園に近い勤務場所がいい」
「海外へ語学留学に行くので3ヶ月仕事がしたい」
このように、自分の生活スタイルに合わせた働き方を選ぶことができます。

2.経験や自分に合った仕事選び
今までの仕事の経験やスキルをもとに自分が就きたい職種、仕事内容でその仕事を選ぶことができます。
仕事の内容については、派遣会社のコーディネータより詳細に聞くことができます。
また、今まで経験したことのない仕事に挑戦することも可能です。

3.色々な企業で働くことができる
正社員として採用が難しい大手企業、外資系企業など色々な環境で仕事が出来ることは魅力的です。
スキルアップを目指す人には大きなチャンスです。

4.人間関係に悩まなくてよい
その職場で働く期間が決まっている為、煩わしい人間関係にもあまり悩むこともありません。
嫌なら、次回更新をしなければよいだけです。

 

派遣社員として働くデメリット

派遣で働くデメリット

1.休みによって収入が減ったりする
お盆やお正月やゴールデンウィークなどと大型連休が続くと時給制の為収入が減ります。

2.ボーナスが出ない
ほとんどの派遣社員にはボーナスは支給されません。

3.キャリアの形成が難しい
契約期間が決まっている為、責任ある仕事を任されることは少ないです。
どんなに頑張っても昇級することもありません。

4.自分のキャリアに合わない仕事に就いた
これは派遣会社の営業マンのリサーチ不足、顔合わせの時の仕事内容の確認がしっかり出来ていなかったことが原因です。
自分の思っていた仕事と違った!なんてことにならないようにしましょう!

5.次の仕事が決まらない
このご時世ですから、いつでも求人があるとはかぎりません。
今の職場を契約期間満了で終えてから、自分が希望する職種、職場が見つからないという事もよくあることです。
その間は収入が途絶えてしまいます。

By Writer-A
( Created )

ページの先頭へ